忍者ブログ

白黒サイクル

ロボットとジャグリングのブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Futabaコマンドサーボの角度取得

だいぶ期間が開きましたが、最近はコマンドサーボ(RS301)でアーム作ったりして遊んでます。




先輩から頂いたArduinoのサンプルコードをいじって、mbedでサーボの角度を取得するプログラムがやっと動きました。

コマンドサーボ配線図: http://futaba.co.jp/robot/systems
※プログラムと配線図でピンが違う&送信後の待ち時間が足りないので要注意です。


私が引っ掛かったのは
・device.readable()の使い方 →ネットで調べました
・リターン要求送信後の待ち時間 → オシロで波形を表示して測定しました。
といった感じです。

リターン要求送信後の待ち時間については、私の条件では700usくらいがちょうどいいみたいです。
REDE変数で送信と受信を入れ替えているので
待ち時間が短い→送信送信が途中で切れる
待ち時間が長い→受信信号の頭が切れる
となります。

コード載せておくので、ご参考までに。
あと、送信待ち時間の上手い設定方法がわかれば教えてもらえると嬉しいです。



ID1のサーボの角度を読み取り、ID20 を動かすプログラムです。
(+ID20の角度を読み、ID1を動かせばマスタ・スレーブっぽい動きになる)

※コピペしたらインデントが消滅しました・・・。
以下、コード
PR

基板切削してみました

基板切削してみました。



これは思っていたよりも便利。
今までユニバーサル基板で作ってきたので、自由度上がるし楽になって良いですね。


穴あけと外径切削はΦ1エンドミル 
パターンの切削は90度のエンドミルで切込み0.2mm(切削幅0.4mm)
うちのRD300のシャンク径が4mm固定なので、シャンク径4mmで揃えました。

削っといて部品が無かったので、完成はまだ先ですが・・・

First Robotics Competition に参加しました

お久しぶりです。シクロです。
更新遅くなりましたが、First Robotics Competitionという高校生ロボコンのメンター(アドバイザ?)としてハワイ地区大会に参加しました。



First Robotics Competitionはアメリカを中心としたロボコン世界大会で、14歳から18歳まで参加可能です。
特徴としては
・スポンサーから参加資金を集めるというルール
・ルール発表後6週間の製作期間しかロボットを作れない(期間後の操縦練習もNG)
・試合は3つのチームが集まった「アライアンス」単位で行う。予選ではアライアンスは試合ごとに入れ替わる(敵味方が入れ替わる)
という大会です。


今年の試合はこんな雰囲気でした(違う地区の大会です)↓
https://www.youtube.com/watch?v=qHaJoy5xrCo


私はTeam5701 indigo ninjasというチームにメンターとして協力していました。
日本からFRCに初参加する2チームの片方です。

5701ってのはFRC開催時からの登録順らしいです。
同じ地区大会に参加していたteam11は1996年から参加しているそうです。

最終的なメンバーは8人。
FRCを広めたいというチーム目的通り、ほとんどの人がはじめてロボットを作ったそうです。
メンターは高専ロボコン、大学ロボコンを中心に何人か集まり、技術サポートをしていくという体制になっています。

チーム詳細はこちら↓
http://www.indigoninjas.com/


私はメンターとして11月の終わりから参加しました。
この時点で技術メンターは2人だったので、人を集めながら講習の内容を考えていました。
ロボットに触ったことがない人がほとんどと聞いていたので「12月中に簡単なものを1台作ってみよう!」
という方針で技術的な講習会を開いてロボットを作り始めました。

↓12月に何とか動いたロボット。無事に動かすことができて一安心でした。



1月4日にルールが発表され、英語を解読しながらロボットを作り始めました。
紆余曲折ありながらも6週間で完成したロボットがこちら。



とても6週間で作ったとは思えない出来!
みんな頑張ったなあと感動(+試合に出られそうで安心)しました


ハワイ大会では色々と問題もあったものの、
12試合すべて参加し、無事に動作しました(重要!)
得点を決められない試合もありましたが、両アライアンスが協力しなければ得点できない「COOPERTITION STACK」を成功させるなど、試合で活躍することができました。


講習会を始めたころはおとなしめで受動的だった子も、
最後の方は自主的に動けるようになり、ちょっと頼もしくもあったのが印象的でした。
このポジションでロボコンに参加したのは初めてですが、人の変化を見るという面白さもあるんですね。

team5701がここまで活動できたのは協力していただいたスポンサーの方、個人サポーターの方のおかげだと思っています。
team5701は来年に向けて活動していくと聞いています。
今後もご協力ください。


他にもいろいろと面白いことが多かった大会なのですが、それはまた後で。

JIMTOF

JIMTOFに行ってきました。
今回面白かったのが、ベルハンマーという潤滑油のデモでした。

デモ内容はこの動画の内容で、普通の潤滑油の2倍くらい力加えないと焼き付きしないですよーって内容。



実際やってみると、片手で押しても止められませんでした・・・。
両手で体重かけてやっと。

メータ的には
潤滑油なし:40(単位は不明だがトルクか力に比例する何か)
謎の潤滑油:50
ベルハンマー:100
というわけで、宣伝通り高圧下の潤滑性能が高いようです。

でもこれ、特性といいパッケージデザインといいナスカルブと同じってか、パクリじゃない・・・? と思っていたら、技術提携だそうで。
ナスカルブのノウハウを活かしているとのこと。

メカ要素でよく使う樹脂はほとんど侵さないようですので、各種ロボコンにもいいと思います。
PC、POM、ナイロン、NBRなどに対しては殆ど影響がないそうです。
ギアボックスにも安心して使えますね。

ちなみに今はナスカルブ使っていますが、いい感じに使えています。
今まで使っていたナスカがそろそろ終わりそうなので、次はナスカかベルハンマーか悩みどころです。

技術勉強会

仙台で勉強会やります!
という告知を忘れていました・・・・

以下sin1さんが書いた告知文です。
---
5/31(土)、工学・技術的な交流会を行い、中継を行いますので是非ご覧下さい。
内容は、ロボコン参加者やその友人が集まり、10分×10名程度のプレゼンを行い、参加している競技や制作物・技術の紹介などします。
特にテーマや縛りを設けていないので、多種多様な内容です。
当初私的に行う予定でしたが、興味がある方が居るということでustreamで中継することにしました。
場所と参加人数の都合で参加募集は行わず、原則中継の告知のみのつもりですが、
是非その場で聴きたいorプレゼンしたい方居ましたらsin1n24@gmail.comまでご相談下さい。若干名ならOKです。

内容:プレゼンタ10名による、参加している競技や制作物・技術の紹介など
時間:5/31(土) 13時~16時程度
中継URL:今後用意予定
---

URL決まりましたらこちらで告知しようと思います。
よろしくお願いします

        
  • 1
  • 2
  • 3